2018年1月14日日曜日

風邪をひきました。

写真は去年いただいたヒヤシンス。花が咲きました。

先日、数年ぶりにひどく風邪をひいてしまいました。

高熱、それがおさまったら、今度が咳がとまらない・・・。

まいりました。

風邪はデトックスと言いますが、そうとう毒が溜まっていたようです^^;

まいりましたが、そのおかげで映画をたくさん見ました。

「最高の人生の見つけ方」、「世界に1つのプレイブック」、「100歳の少年と12通の手紙」、「最強の2人」

まず1つ目は、エンドオブライフケアの講座で主題歌を聴き、映画も観てみたいなと思っていた「最高の人生の見つけ方」。



モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンのW主演?の映画です。

余命わずかと診断された見ず知らずの2人の男性が、偶然同じ病室になり、「棺桶リスト」(死ぬまでにしたい事リスト)なるものを作り、病院を出て2人で遂行していく・・・という物語です。

(エンドオブライフケアの講座でも、死ぬ時に譲れない事を30数枚の中から7つだけ選ぶ・・・というワークがありました。)

去年の年末、父親を亡くしたのですが、色々と考えさせられるシーンがありました。

個人的に、特に印象に残っているのが、非常に穏やかで知的なモーガン・フリーマン演じる男性が、憧れの車を爆走させているシーン。

その時に、ジャック・ニコルソンが放つ「裏の顔が出てきたな」という言葉。

2つ目は、「世界に1つのプレイブック」。



妻に浮気されて精神的に不安定になった男性が、旦那さんを亡くし同じく精神的に不安定になった女性と共に再生していくお話。

ロバート・デニーロが男性の父親役で出演していて、いい味出してます。

印象に残っているのは、建前とかではない言葉の数々。

優しさってなんだろう?正常ってなんだろう?と思いました。

3つ目は、「100歳の少年と12通の手紙」。



余命12日の少年とその少年オスカーが唯一心を開く、口の悪い中年女性ローズとの交流のお話。

(ちなみにこちらはフランス映画。フランス映画ってやはりいいですね。)

お涙頂戴ではなく、笑えて泣けて、温かい気持ちになれる映画ってやつです。

印象に残っているのは、ローズの正直で軽妙な口の悪さ。

病院も病気も、ボランティアも大嫌い!というようなローズの言葉、とても印象的でした。

思いやりってなんだろう?と思いました。

4つ目は、「最強の2人」。



首から下がマヒで動かせない大富豪の男性と、貧しい境遇で育ち充分な教育は受けていないが、正直で飾らない青年との交流のお話。

(実話に基づいているお話しらしいです。こちらもフランス映画。)

優しさとか思いやりとかってなんだろう?正直さってなんだろう?と考えさせられました。

4つの映画に共通して「今の私」が感じた事が、「生と死」、「正直さ」、「思いやり」というテーマ。

他の方が観たら、他のテーマがそれぞれあるのではないかと思います。

無作為に選んだ4つ映画。

「今の私」が必要としている、考える事を必要としている、欲しているテーマが上記の事なのだと思います。

(アマゾンプライムって素晴らしいですね。無料で30日見放題で、申し訳ないような感じです・・・。)

長くなりましたので、続きはまた・・・。

森の種
今神早苗

☆・。*・。☆☆・。*・。☆☆・。*・。☆

女性専用アロマセラピールーム 森の種
http://www.morinotane.com/


女性の様々な不調に・・・アロマセラピーは心と身体と魂に働きかけます

心と身体が疲れきってしまう前に。

大津市のJR瀬田駅より徒歩10分。
※瀬田駅までの送迎可能です^^

施術スタート時間 9時~ 12時~ 15時~
(上記スタート時間以外でも可能です。お気軽にお問い合わせください。)


★メニュー&料金

★アクセス

★お客様の声


電話 : 090-1287-0808
※非通知設定を解除してご連絡ください。

施術中は電話に出ることが出来ません。
折り返しご連絡いたします。

メール:morinotane.aroma@@gmail.com
(@を1つにしてご連絡下さい)


☆・。*・。☆☆・。*・。☆☆・。*・。☆